毎日の運勢

【Daily Message】2020年9月1日のメッセージ

おはようございます。本日のデイリーメッセージは「ひのみや まこ」がお届けします。
9月になりましたね!!
まだまだ暑いのですが、そろそろ秋冬物の洋服が気になります。
芸術の秋、食欲の秋、スポーツの秋。
どれも満喫したい( ´ ▽ ` )

昨日、としまえんが閉園ということで名物のメリーゴーランドがTVで何度も映っていました。
前回のデイリーメッセージのサビアンシンボルの話はメリーゴーラウンドだったなぁと思いながら、見ていました。あれからまだ4日しかたっていませんが目まぐるしく状況は変わって行きます。

今日は、8月の振り返りと本日の星とタロットからのメッセージについてお伝えしようと思います。

8月の振り返りと9月の展望

8月いかがでしたか?
想定した以外の予定が入ったり、今まで気づけなかったことに気づいたり、避けていたことをやらざるを得なくなったり。
それぞれ、忙しかったのではないかと思います。

私の場合は、なんと8本もデイリーメッセージ書いていました(4日に1回だから当たり前)。毎日書いている人ってすごいなぁ・・・・と思います。けど、過去の自分と比較するとがんばったな、と思っています。

8月の全体的な空模様を振り返ると

獅子座の太陽と牡羊座の火星が手を取り合いながら創造性とやる気を発揮しつつも(今年は太陽のやる気がすごくて暑すぎ)、お目付役的な山羊座の土星が火星の衝動を抑えていました。
やる気を思うように発揮できないながらも、太陽は乙女座へ。秋の気配を感じさせつつ、先週の天空には大三角形(土のグランドトライン)が。現実的な変化と成果を感じた方も多くいらっしゃったと思います。

そして9月の空模様は?というと
この1週間はきな臭い感じやバチバチの闘争感もあり、まだまだ変化は落ち着かず。
7日頃にはまた、地のグランドトラインという大三角形ができるので、この状態に現実的な決着がみられそう。今やっていることを頑張って来週初めに結果をみる、という作戦もよさそうです。

その後、もう少しで牡牛座へぬけられそうだった火星が逆行を開始します。
ようやく大惑星たちの呪縛から解き放たれるかと思ったら、まだまだ、大御所等にやる気を左右されるもどかしさはまだまだつづきそう。
今年は火星がホームタウンの牡羊座にいる期間が長いのですが、なにぶん、山羊座の大御所たちが強すぎてストレートに力が発揮できない感じ。

その火星に天秤座へ移った水星が9月後半にむきあうため、言葉がキツくなったり、イライラが言動に出てしまいそうな気配。いつもは冷静でスマートな天秤座の水星が火星にたきつけられるのですね・・・注意が必要です。イライラするところには行かないか、イライラすることを前提で物事にむきあうか。

けれども、9月の最後には、その対立も解けて、様々なことが片付いてき、伏線回収的にすっきりと10月をむかえられそうです。

まとめると、9月も頑張り時
土のグランドトラインを再度利用して形にし、その後は天秤座にうつる太陽の風の力を借りて、スマートに行きたいところですが、言動に注意な9月であります。

本日の星とタロット

太陽は乙女座9度へ。
サビアンシンボルは「影の向こうを覗く二つの頭」
(松村潔著 愛蔵版サビアン占星術)

前回、乙女座5度の「メリーゴーランド」のお話をしましたが、わくわくと日常の中で楽しむことを覚えた乙女座がより先を目指して、自分の日常範囲外を超えようとした時に、自分の影をみてしまうような怖い体験を現すのがこのサビアンシンボル。

自分の限界を超えるためには無理も必要。
だけど、それが日常を離れるものであればあるほど、周りの人の意識との乖離が大きくなってしまう。それを感じて二の足を踏んでしまう。
怖さを知ることも経験。けれど、まだ、旅立つ時ではないみたい。そんなことを教えてくれるサビアンシンボルです。

一方で月は水瓶座の最終度数を移動中。
今日は牡羊座の火星と良い角度を保ちながら進んでいき夜には魚座へ。
今まで言いにくかったことを簡潔にさらっと相手に伝えられるかも。
4日前のグランドトラインの名残がまだ空には残っており、まだまだ、現実感をともなう変化を体験できるとき。現実的に変えたいことを一つずつ実現していくのに良い日だと思います。

タロットは

カップのペイジ(逆)・星・ソードのエース

幼い感傷にひたるのやめ、理想高く目的へむかって理性的に決断を下す。

変わらなければいけない時に、時として足をひっぱってしまうのが感情です。
よりそうことも労ることも大切ですが、

その優しさは果たしてどこに向いているのでしょうか?

相手ではなく自分だけにむかっていませんか?

先へ進みたいのなら、感傷に浸るのはそろそろやめる時です。

星は高い理想と博愛をしめし、このソードは不正をぶったぎります。

都合の悪い真実にも目を向け、不都合なことにも目を背けないこと。それは自分の心の弱さや見たくないものをみることでもあります(胸が痛い・・・)

この混沌とした9月の初め、「とりあえず」な着地点ではなく目標を高く掲げてストイックに頑張ってみるのもよいのかもしれません。そのために今できることは感情の断捨離なのかもしれません。いきなりは飛び立てません。まずは身軽にしていくこと(耳が痛い・・・)。

なようですね・・・。

昨日のもつこさんのメッセージ

【Daily Message】2020年8月31日のメッセージ+内観キーワードみなさま、おはようございます。央葉もつこです。 今日はしょっぱなから、メッセージに出たカードの話を少し。 毎回、メッセージは...

 

私を生きる、って、結構、キャッチフレーズ的に見かけることがあると思うのです。
なんだか素敵で、現実からちょこっと目を背けてもいいような気になる。

私を生きるってなんだろうな、とは私も思います。

相手からみた私(ペルソナ)と本来の私は違う。

期待されることに答えようとするがあまり、仮面と素顔がわからなくなってしまう。ことも。

それは悪いこととは言い切れないと思います。

そうすることで今まで自分が到達できなかった世界をみるきっかけになることもあるし。自分を形取る要素を人から認めてもらう楽しさはこの世ならではのものだと思うのです。

けれど、そればかりだと消耗して擦り切れてしまいます。

せっかく、このように形をもって重力に縛られている不自由さを「私という体」でもって主体的に楽しむことを忘れないで、とひのみやは思っています。

痛みも重さも形もこの世界に生きているから感じること。

痛くないという否定は自分の感覚を否定していることにもつながると思うのです。

痛ければ泣く、楽しければ笑う、腹が立てば怒る

そんな当たり前のことを「私」が味わって感じて生きることが豊かさなのではと考えています。

人間なんですもの(開き直る)。

 

またしても長くなりましたが、ひのみやのデイリーはここまでです。

 

明日のメッセージは、ココさんです!

お楽しみに!

ABOUT ME
ひのみや まこ
ITエンジニア&占い師&心理学部3年生 占いと人との関わり方、より生きやすくなる方法を追求している。 占術は西洋占星術とタロット。 生まれた星の位置からその人の適性や運命を丁寧に鑑定しアドバイスするメニューで好評いただいてます!
OnYourSideのSTORES

OnYourSideのWeb shop

 

毎月のイベント、講座、お茶会の申し込み

また、メンバーによる書籍など

こちらのショップよりお求めいただけます。

よろしくお願い致します。

最新の講座などについてはトップページのお知らせの所など参照してください。

またOnYourSideのTwitterなども参考になさってください。

お店はこちらへ↓↓↓