毎日の運勢

【Daily Message】2020年11月1日のメッセージ

おはようございます!
11月になりましたね。本日のデイリーメッセージはひのみやまこがお届けします。

月の始めなので、まずは先月のおさらいと今月の星の動きをお伝えしてから本日の星とタロットのメッセージをお伝えします。

それから!!
ココさんのお茶会も申込開始しています!
ルノルマンに興味のある方は、ぜひ!!
おすすめです。
ルノルマンと仲良くなるお茶会やります! 11月28日(土)zoomにて開催! 天羽ココ。が担当します。 内容はこちら 日時:2020年11月28日...

先月のおさらいと今月の星の動き

10月。
まず、2日、天秤座の真向かいの牡羊座で満月を迎えました。
4日、逆行中だった冥王星が順行にもどりました。

そして、14日からの水星逆行です。蠍座にあった水星は逆行し続け、今は天秤座まで戻っています。
11月4日まで逆行は続きます。

私、いつも逆行の影響をあまり意識せずにすぎるのですが・・・

今回は、過去の思い出や記憶の呼び戻しの影響をかなり受けました。

過去といっても大人になってからの記憶がほとんどですが、一つ一つ、思い出を掘り起こし自分がこれからも大切にしていきたいこと、もう思い出として封印することの選別作業をしていました。前へ進むために必要なことだったのかもしれません。

そして、昨日、31日は蠍座の真向かいの牡牛座で満月を迎えました。
月と天王星が牡牛座で重なることもあり、インパクトのある満月図だったと思います。
満月から徐々に月が欠けて新月に向かっていく時期は減らす時期。
持ち物を減らす。それは、物質的なものだけでなく、自分が身につけてきたものを減らすチャンスでもあります。プライドや恐れ。自分を守るためにどんどんと身に纏った鎧を一つずつ剥がしていく作業もおすすめ。

そして、11月。
4日に水星は順行に戻ります。逆行から順行に戻る寸前の留という状態の時が一番トラブルが多いそうなので2日、3日あたりは注意が必要なのでしょうか。
その後、11日に水星は蠍座にもどってきます。
14日には逆行していた火星も順行に戻ります。これで逆行している惑星は天王星・海王星のみ、そして、29日には海王星も順行へ。これで一気に物事がスムーズに進んでいく感があがり、年末への加速感を感じるように。
21日には金星も蠍座へ。
翌日、22日に太陽は射手座へと移っていきます。
そして、30日には月食(双子座満月)が訪れます。

11月は逆行から順行へ戻る惑星も多く、来月への加速感が徐々に高まっていきそうです。

星の緊張具合でいえば、今までのしんどさが和らぎ、このまま行けるんじゃないか?という楽観的な雰囲気も漂いそうではあります。時々、方向性を確認するような揺り戻しがくるにせよ、物事を進めていくにあたって、バチバチな緊張感はなく。スムーズにいきすぎて手応えを感じられない部分はなきにしにもあらず。

そんなひと月がはじまりました。流れにのって、どんどん進んじゃいましょ。

本日の星とタロットのメッセージ

太陽は朝9時前に蠍座9度へ。
サビアンシンボルは「親睦夕食会」
蠍座の第2グループを太陽は運行中。第2グループは「不可能と思われる限界を突破することに野心を抱く」です。
「蠍座らしい感受性や知性を形成する段階」だそうです。
(松村潔著 愛蔵版サビアン占星術)

蠍座らしい感受性や知性って何だろう。
蠍座のキーワードは「I desire.」私は願望する。
8番目のサインであり、水のサインの不動宮。
支配星は冥王星(古くは火星)。

深く深く浸透していく水。水滴が同じ箇所に落ち続けることで石に穴を穿つことがありますが、蠍座の一つのイメージとして、このイメージで捉えることもありなのかなと思います。
「願望する」というのは「希望する」というライトなものではなく、心の奥底から実現をのぞむということです。それが心の中にあるだけではなく、現実をも変えていく。
見えない願望が現実を突破していく。
蠍座らしい感受性や知性とは以上のような方向性のものと言えるのでしょう。
石に水で穴をあけるなど不可能としか言いようがない、それを叶えるほどの深い思いと腰をすえて実現する執念と。

「親睦夕食会」では、この執念を実現させて現実を変えた人々が集まる夕食会のようです。世間では無理だろうと言われたことを成し遂げた人たちの精神力の強さ、深さ。そしてそのような人たちは、他人の物差しからは自由である人たちです。風のサインの自由とは違う、水の不動宮であるからこその精神的な自由。そのような人たちのみが共感できる真の連帯。

あえて、現代風にライトな言葉で表現すれば、
究極を極めし人たちの友情と連帯
ノーベル賞をとった人たちの集まり、は現実的にイメージしやすい例かもしれません。

太陽は、今日、そんな意味を表すサビアンシンボルを通過しています。

一方で月は、昨日の深夜23時台に牡牛座で満月をむかえ、そのまま、牡牛座を移動しています。
牡牛座にある天王星から離れ徐々に山羊座の木星と良好な角度を作っていきます。
太陽と天王星が真向かいから向かい合っていることは気がかりではありますが、気持ち的には余裕をもって過ごせそうです。
天秤の水星は山羊の土星と厳しい角度を作るため、天秤のライトさを許容しない正確さ厳格さを仕事では求められるのかも
とはいえ、気持ちに余裕があれば、乗り越えられないことはないのでしょう。
あちこちで緊張感溢れる雰囲気があっても、余裕をもって対処出来そうな日です。

タロットは、女教皇逆・ソード7逆・ワンド8

ピリピリするような緊張感、抜け出すことはゆるされず、事態は急展開する。
逃げ出したくなるような雰囲気でも、逃げ出さすに物事に向き合って事態をすすめなければいけないようです。
が、悪いことではないのかもしれません。
細かく、きっちり仕上げること。最後まで責任をもつこと。それにより、物事はスムーズに勢いよく進んでいくよ、ということなのだと思います。

気持ちに余裕をもつことを念頭におき、一つ一つ、対処していければと思います。

昨日のもつこさんのメッセージ

【Daily Message】2020年10月31日のメッセージ皆様おはようございます! 本日のメッセージ担当、央葉もつこです。 ひえー、10月31日!ついに10月も終わってしまうのか……。 ...

だから、衝動で突き進まないで。
激しさを伴う感情はとても強いけれど、それは諸刃の剣でもある。

これはその通りですね。
私は諸刃の剣を握りながら日々生きていますが。

正直、仕方ない部分あります。
大事なもの、人を守る時に、自分も傷つかざるを得ないことは多々あります。
自分が盾になり踏ん張る必要な場面が人生にはいくつもあります。
そりゃ、いつも穏やかにニコニコしていたいですよ。
でもそれって、自分が気持ちがいいだけなのでは?と思うことが多々あります。曖昧に自分の態度をはっきりさせず、どちらの肩ももたないことにより、一方で傷ついている人もいるのです。

どちらかに肩入れすれば、肩入れされなかった方が傷つくでしょう。けれど、自分が望んでいることはなにか?を明確に行動することにより、言葉を尽くすことにより、肩入れしない人とも友好な関係を気付けることを私は経験上知っています。
そしてそれにより得られるかけがえのないものも。

たとえ、満身創痍になったとしても、傷を癒してくれる環境や人たちがいるから、私はまた、その剣を握り闘うことができます。
戦わずして自分の身を守ることを優先して、守ってもらえなかった悲しみをよく知っているから。
自分の後を歩いている人たちに同じ思いはさせたくないから。
ので、これからも、わかっていても諸刃の剣を握ることはあると思います。そうしないと守れないものがあるのです。傷つくことを恐れていたら、前には進めないから。だから傷ついたとしても前へ進みます。それがスマートではないのもわかっていても。

というわけで、またしても長くなりましたが、本日も最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。
ひのみやは、今後、活動のペースを落としていくため、OnYourSideでは、毎週木曜日のみをデイリーメッセージ担当とさせていただくことになりました。
毎週木曜にはお目にかかれると思います。今後ともよろしくお願いいたします。

明日は、天羽ココ。さんです!
明日もお楽しみに。

ABOUT ME
ひのみや まこ
ITエンジニア&占い師&心理学部3年生 占いと人との関わり方、より生きやすくなる方法を追求している。 占術は西洋占星術とタロット。 生まれた星の位置からその人の適性や運命を丁寧に鑑定しアドバイスするメニューで好評いただいてます!
OnYourSideのSTORES

OnYourSideのWeb shop

 

毎月のイベント、講座、お茶会の申し込み

また、メンバーによる書籍など

こちらのショップよりお求めいただけます。

よろしくお願い致します。

最新の講座などについてはトップページのお知らせの所など参照してください。

またOnYourSideのTwitterなども参考になさってください。

お店はこちらへ↓↓↓