毎日の運勢

【Daily Message】2021年9月14日のメッセージ

ごきげんよう!
タロット占い師の伊藤李桃(もも)でございます。

私の住む海なし空港なし県では、昨日は久々によく晴れ洗濯日和で、どこの家のベランダにも布団が干してありました(うちも然り)。

今の時期もまだ早朝に犬の散歩に行くのですが、今年は金木犀が香るのが早いですね。

まだ朝顔も咲いているし蝉の死骸も結構落ちているので違和感も感じつつ、金木犀と沈丁花の香りには個人的に何の思い出もないんですが何故か思い入れがあり、季節が変わったのを実感します。

この時期といえばの台風ですが、なんか思いっきり進路を右向け右したみたいでちょっと心配ですね。
皆様、ゆめゆめ気を緩めませんよう。

 

じゃ、早速今日のメッセージ、いっちゃいますか☆(ゝω・)

 

本日のメッセージ

 

Rainbow Heart Tarot Deck/Rachel Rosenkoetter
ボタニカルルーン/MASUMI MERCCURY

君の心は震えているかい?

 

今日は『真っ直ぐな想いが凝り固まった執着を解し、前に進む勇気を与えてくれる』日。

タロットは「ロマンチスト、理想主義、感受性豊かな人物、夢見がちな若者」などの意味を持つカップのナイト正位置と、「守りに入る、執着、所有欲、経済的安定」などの意味を持つペンタクルの4逆位置。

ルーンは「勇気を出す、積極的に進む、勝利、成功、向上心」などの意味を持つ“勝利”のルーン「ティール」が正位置で出ています。

カップの象意である水=感情のエネルギーが満ち満ちて、その豊かな感受性で他者へも影響を与えうるカップのナイト。

タロットの教本にはよく『白馬の王子様』などと紹介されていることも多く、やや夢見がちですが心優しく愛情深い人物(やそういった事象)などを表します。
が、私の独断と偏見では「心優しきダメ男」という印象も割と強いです(このカードを見ると個人的に思い出す男がいるんですよ、個人的にね…えぇ…)。

かたや、ペンタクルの4ははるかに現実主義。
形として手元に残る物やお金、現実社会を生き抜くための仕事などに重きを置き、それらを安定的に得ることで日常生活がつつがなく続くことを望みます。

変化を嫌う傾向があり、恋愛では「執着・マンネリ」などといったややネガティブ寄りな解釈がされることも少なくありませんが、「愛とか夢とか、そんなもんで腹が膨れるか!」というのは意外と世の女性の多くが思っていることかもしれません(結構現実的なのよね、女って)。

例えるならこの2枚、「夢を追いかける売れないバンドマンと、そんな彼に不安を覚えつつも健気に支える彼女」みたいな感じの同棲カップルっぽく見えなくもないですね。
魚喃キリコの『南瓜とマヨネーズ』という漫画を思い出しました。

amazon.co.jpより

 

さて、そんな一見ダメ男風にも見えるカップのナイトですが、今日は彼のような飾らない正直で真っ直ぐな想いこそが、ガチガチに凝り固まった執着心を緩め要らないものを手放すきっかけを与えてくれそうです。

それは誰かの言葉かもしれないし、ふとした瞬間目にする文字かもしれないし、映画や音楽、小説、絵画、YouTubeの動画かもしれません。

そこに誰かの「想い」が宿り、あなたがその「想い」に感動できるもの。
そういう何かに触れあなたの心が震えた時、今、あなたが執着しているモノは果たして本当に必要なものなのか?が見えてくるでしょう。

大人になり、守るものが増えていくばかりの人生。
不安定な社会に不安を煽られ、益々私たちは「一度手にしたもの」を手放すことを恐れ、変化を受け容れ難く感じてしまうのでしょう(元来、人は本能的に変化を嫌うしね)。
でも、時代はそれを許してはくれません。

というふうに書くとなんだかとっても鬱々としてきますが、カップのナイトが言いたいのはそんな大それたことではありません。

もっとシンプルに、「それって楽しいの?君は幸せなの?」ということだと思うんです。
なんというか、こういうことを無責任に他人に投げかけられるあたりも彼の良い所であり、ダメ男な所でもある。笑

執着している状態、その「今」自分は幸せか?
あなたの手にしている「財産」は、あなたの心を潤しているか?
あなたのカップは今、「水」で満たされていますか?

大人になると忘れがちですよね、そういう青臭いこと。
今日はもう一度思い出してみましょう。

ただ純粋に好きで、夢中になって夢を見て、なんにも手にしてなくても空を飛べたあの頃の想いを。

 

本日のおすすめ

勇気を出すおまじない

「おいティールのルーンどこいった」とお思いのあなた!
今日はダイレクトにちょっとしたルーン魔術として、このルーンをオススメしちゃいます。

北欧神話の「軍神」を表すこのルーン文字は、古代からヴァイキング(北欧の海賊)が戦いを勝利に導くお守りとして剣の柄にこの文字を彫ったといわれています。

現代人の戦いは大事な商談に婚活に子育てに対ウィルスにと人それぞれですが、その一つとして執着を手放す「自分との闘い」に勝利すべく、勇気を出したいそんな時。
このティールの文字(↑)を自分の掌に指で描いて、胸の真ん中に押し当て、深呼吸をしてみましょう。
きっと、行動を起こす勇気が湧いてきますよ。

 

Yesterday Once More…

昨日のDaily Messageはひのみやまこさんでした!

【Daily Message】2021年9月13日のメッセージおはようございます。本日のデイリーメッセージは、ひのみやまこがお届けします。 秋ですね。 ってことで、アイキャッチの色を秋っぽく...

実務能力の頂点を極める

(中略)

そこには個人の曖昧な主観はなく、目標のためには何をなすべきかの客観と役割に対する達観があります

実に、実に乙女座らしい価値観だと個人的に感じました。

というのも、私は太陽魚座の水エレ過多なもので、乙女座のこの「実務」とか「極める」という概念が如何に自分に欠如しているかが身に沁みるのです。
まさに地に足が着いているってか、寧ろめり込んでない?大丈夫?くらいの印象。

そしてそれを「バスケのチーム」に例えるサビアンシンボルの捉え方もまた、上手いこというなぁ~って感じですね(小並感)。
対極サインの話は自分にない価値観や考え方を沢山知れるので、実に面白い。

常勝・海南(スラムダンク)
って言葉を思い出しますが・・・

強いチームってそれぞれ強さが違うと思うんです。
たとえば、ノリが強いチームは勝つ時は圧倒的に勝つけど、負ける時はボロ負けする。
けど、この乙女座チームは、常勝なので、常に勝つなのです。
負ける戦い方をしないという感じ。それぞれが個々の役割をきっちり果たして結果を出す

海南戦は胸熱。

同じ「常勝」でも私は『ピンポン』のドラゴンを思い出しましたね。
常勝の憂い、乙女座の憂い。
もしやドラゴンって乙女座かな?

 

まこさん、私のような無知でもわかりやすい漫画の例えと乙女座への興味が俄然湧いてくるような素晴らしい解説、ありがとうございました!

 

さて、明日のDaily Messageはりっかるっかさんです。
明日もお楽しみに♪

 

以上、本日のお相手は李桃でした☆

ABOUT ME
伊藤 李桃
占い館での対面鑑定を経て、現在オンラインを中心に活動しているタロット占い師。心を軽くし決断をサポートするための『ヒント』を、レイキのエネルギーを込めたタロットと数秘術で占いお届けします。先生と呼ばれるのはちょっと苦手、気軽にももさんって呼んでください。
OnYourSideのSTORES

OnYourSideのWeb shop

 

毎月のイベント、講座、お茶会の申し込み

また、メンバーによる書籍など

こちらのショップよりお求めいただけます。

よろしくお願い致します。

最新の講座などについてはトップページのお知らせの所など参照してください。

またOnYourSideのTwitterなども参考になさってください。

お店はこちらへ↓↓↓